女性

セラピストの資格を取ろう|人の心に救いの手を

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもと関わる仕事に就く

女性と赤ちゃん

保育士の資格は、専門学校・短大・四大での取得が可能です。近年、保育にまつわる環境が大きく変化しています。大学では保育以外の教養や外国語なども幅広く学び、幼稚園教諭や学校教諭、その他の資格も取得できます。大学での4年間は、教育の目線を持つことが求められるこれからの保育士にとって大きなプラスになります。

もっと読む

資格取得に必要な事柄

先生と子供

幼稚園教諭として活躍するには、大学での教育課程を修了する必要が挙げられています。国家資格でもあり、また園児のみならず保護者や社会からも求められる資格でもあるため、近年大学でも、より一層、専門的な分野までが同時に習得できる点も話題となっています。

もっと読む

超短期で合格

女の人

規模の大きな事業で必要とされている衛生管理者は、化学や有機溶剤といった専門知識は必須になります。そのため、衛生管理者を目指している方は独学ではなく、通信講座で勉強するのがおすすめです。講座では学習内容として、過去問以外にポイントを押さえた指導をしています。

もっと読む

様々な手段で人を癒す

勉強道具

セラピストには様々な種類があります。大別すると、ボディ系、心理系、エネルギー系の三種類に分けられます。また、近年では心身の調子を整えることに関わる職業全般をセラピストと呼ぶことも多く、その範囲は大きくなってきています。セラピストを名乗るには必ずしも資格は必要ではありません。しかし、きちんとした知識と技術の裏付けがある証として資格をとる人が多く、資格を持っている方が信頼性が高いと思われていることは事実です。セラピストには国家資格、民間資格、公的資格の三種類があり、特に人気があるのが民間のものです。手軽でありながら、専門性をもつスペシャリストであることを対外的に示すことができる点が人気の大きな理由です。

セラピストの資格の特徴は、実技を伴うことが多いという点です。特にボディ系セラピストは、実際に体に触って施術を行います。そのため、知識だけでなく技術も必要となってきます。技術を学ぶには、独学での習得は困難です。そのため、実技が必要な資格をとろうと思ったら、通学制のスクールに通うのがおすすめです。知識の習得は独学や通信制スクールでもよいですが、技術の習得のためには少なくとも何回かは指導者のもとで指導を受ける方がよいでしょう。そういった意味では、整体やマッサージのお店でアルバイトをしながら勉強するのもよい方法といえます。ボディ系のみならず、エネルギー系の試験においても同様です。心理系のものは勉強のみでも構わないことも多いですが、過去問や模試は受けて本番同様の感覚を体験しておく方がよいでしょう。